アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

目が疲れやすく「シパシパ」するのはドライアイかも!

      2017/03/07

目が疲れやすく「しょぼしょぼ」するのはドライアイかも!

ドライアイって何?

ドライアイというのは涙の量が少なくなったり、涙の質のバランスが悪くなったりして、目の表面に傷がついてしまう病気のことです。

目が正常な状態であれば、涙によって保護されているのですが、日常生活の中で目を酷使する場面が多くなると涙の量が減ってしまうことがあります。

ドライアイの状態になると目が疲れやすくなったり、乾いているような感じになったりします。また、具体的な症状を感じることがなくても、目の不快感を覚えることが多くなるのがドライアイの特徴です。

ドライアイの症状

ドライアイの症状として多く見られるものには、目が疲れやすくなる、乾いたような感じがする、目がシパシパする、目が赤くなる、特別な光が当たっているわけではないのに眩しいと感じやすくなる、見ているものが霞んでしまう、といった症状があります。

1つだけの症状であれば、しっかりと目を休めるだけで回復することも多いのですが、複数の症状が当てはまっている場合は注意しなければなりません。

症状が軽い段階であれば起きている時に痛みを感じるだけですが、症状が重くなってくると目を閉じていても痛みを感じるようになり、良質な睡眠を取ることも難しくなってしまいます。

ドライアイになる原因とは?

ドライアイになってしまう原因には様々なことが考えられます。

ドライアイというのは涙に異常が生じている状態なのですが、原因を特定することは非常に難しいのです。

ドライアイの原因として挙げられるものには内科的な疾患によって生じるもの、服用中の薬の副作用によって生じるものなどが挙げられます。

自分で原因を特定するのは困難なので、目の疲れや痛みが出てきたら眼科医の診察を受けることが大切です。また、シェーグレン症候群・スティーブスジョンソン症候群などの病気で、涙腺が破壊されることが原因となる場合もあります。

 - 目の病気・怪我